マンションと男性

リフォーム大作戦|納得のいく家にするテクニック

親族への売却

メンズ

債権者の同意が前提

住宅ローンなどの借入金の返済が困難になった場合に、銀行などの債権者に相談して、担保不動産の競売ではなく任意売却を認めてもらえることがあります。その一つの方法が自宅を親族に買い取ってもらうことであって、買い取り価格は債権者との相談になります。債権者としては、競売を申し立てた場合に想定される競落価格よりも高ければ経済合理性の観点で任意売却を認めることができます。親族に対する任意売却をする場合の価格に関して債権者と相談することになりますが、その価格は公示価格や路線価などを参考にしながら、相場の変動を考慮して決めることになります。債務者としても親族に助けてもらうのですから、高い価格での売却は避けたいです。

住環境を維持

親族に対する任意売却を銀行などの債権者との相談で認めてもらえれば、債務者にとって事実上は自宅を失うことがありません。自宅を買い取ってもらった親族から賃借することになりますが、そのまま住み続けられますので住環境を変えることもありません。自宅の所有権は失いますが、継続して居住できるメリットは大きいです。買い取ってもらった親族に対して支払うべき賃借料も親族との間で決めれば良いので、平均的な家賃相場を下回っていても問題ありません。学校に通っている子供や高齢者が居住している住宅の場合、住宅ローンの返済が滞っていても、銀行としては強硬な手段に出ることを躊躇する場合が少なくありません。親族の協力は債権者にも歓迎されます。